st

ブログ

アップルは新しいAIシステム「Apple Intelligence」を発表し、OpenAIとの提携を発表しました

更新時間: 6 18, 2024    読者層: 32

アップルは新しいAIシステム「Apple Intelligence」を発表し、OpenAIとの提携を発表しました

アップルは2024年のWWDC(世界開発者会議)で新しいAIシステム「Apple Intelligence」を発表し、OpenAIとの提携を発表しました。今年の後半にiOS、iPadOS、macOSにChatGPTを統合します。この動きにより、アップルの株価が上昇し、一時的にマイクロソフトを上回る世界最大の時価総額企業となりました。NVIDIAやAMDなどの企業もAIブームの恩恵を受け、株価が好調です。
AIサーバーは、大規模なデータ処理と高効率な計算能力を持つ人工知能アプリケーション向けに設計された高性能コンピューティングプラットフォームです。AIサーバーの需要は世界的に増加しており、2024年までに世界のAIサーバー市場規模は160万台を超え、年平均成長率は40%に達すると予想されています。デル、HPE、レノボなどの大手メーカーもAIサーバー分野に積極的に参入し、関連製品を発表しています。
サプライチェーンでは、工業富聯、インベンテック、クアンタ、スーパー・マイクロなどのODMメーカーがクラウドデータセンターの注文増加により強力な出荷実績を達成しています。さらに、デルなどのメーカーもAIサーバービジネスの成長による収益増加を見込んでおり、受注量と受注残高の増加を示しています。主要なクラウドサービスプロバイダーは高性能AIサーバーの需要が高く、米国の主要な4つのCSP企業(Microsoft、Google、AWS、Meta)が世界の需要の大部分を占めると予想されています。
国内の高性能AIサーバー市場の需要は現在低いものの、政策支援と国内テクノロジー企業の進出により、今後も成長が期待されています。消費電子市場の回復とChatGPTやSoraなどの大規模モデルの人気により、半導体業界にもいくつかの好材料が見られますが、供給不足や過剰生産などの不確実な要素も依然として存在します。全体として、AIサーバー産業は引き続き恩恵を受ける可能性があり、業界の発展には依然として課題と機会が共存しています。